予約状況
キャンセル待ち

療育プログラムの紹介

見学会・イベントのご案内

職員のご紹介

最近の投稿

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Facebook

お問い合わせ

こどもプラス・グループ本社へのご意見・ご要望

運営会社について

職員の募集

発達障害では目に見える症状だけでなくその原因を見極めることがとても大切です。 脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレイン

2018-01-29

脳を育てる運動療育センター 放課後等デイサービスのチャイルド・ブレインです。

発達障害にはASD、ADHD、LDと大きく分けて3つの種類があり、
それぞれに持っている特性や現れる症状に違いがあります。
ただ個人差が大きいため、判断が難しくなります。

また、目に見えている症状が同じでも原因となっているものも
同じとは限りません。
例えば「部屋が片付けられない」というとADHDの特徴を思い浮かべる
ことが多いと思いますが、ASDの特性による収集癖や
物への執着などが散らかりの原因になっている場合もあります。

原因を見極めることが正しい支援につながるので、
子ども達をよく観察し適切な働きかけをしていきたいと思います。

きょうは、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「方向ジャンプ」をご紹介します。
指導者が「前」「後ろ」「右」「左」と方向を指示するので、
子どもは指示された方向に両足を閉じたジャンプで跳びます。

最初から4方向だと難しいので、最初のうちは「前」と「後ろ」
の2方向だけにして、ゆっくり一定のリズムで動けるようにします。
慣れてきたら少しずつスピードをあげてみたり、
「後ろ、前、前、後ろ」などランダムにして難易度を調整していきます。

この遊びでは、指導者の声を聞くための集中力や判断力、
方向の認識力が養われます。
こうした能力のほとんどは、普段の生活の中の声掛けなどでも
少し意識するだけで育てていくことができるので、
運動あそびの時間だけでなく毎日の生活の中で子ども達の能力を
育てていく働きかけ、意識が大切になります。

教室でも、いつもそんなことを心がけながら1人1人の力を
伸ばしていきたいと思います。

  • 資料請求/お問い合わせはこちらからどうぞ  電話番号042658808 受付時間 平日9~18時 日曜定休日
  • page_02

    ▲page top